HOME>オススメ情報>家庭にある不要なお酒は買い取ってもらおう

買い取り可能なお酒の種類とは

買取可能なお酒の種類は業者によって異なる場合もありますが、ワイン、ウイスキーから日本酒、ビールまで多岐にわたります。

お酒の買い取りまでの流れ

酒の銘柄を伝えて見積もりをとる

買取を依頼する酒が決まったら、その酒の銘柄を買取業者に伝えて査定金額を教えてもらいましょう。

業者からきた査定額をもとに検討する

業者からの買取査定額をもとに買取してもらうか検討します。

買取業者に本査定を申し込む

買取してもらうことを決めたら、業者に本査定を申し込みます。

買取業者が本査定を行う

買取業者が実際に対象のお酒に対して本査定をおこなって、正式な査定額を算出します。

買取査定額の支払いが行われる

買取査定額に合意したら、その査定額が現金が支払われて買取手続き終了です。

現金に変えられます

ワインボトル

贈答用の品のラインナップの中には、季節ごとに変化はあるものの、必ず顔を出しているのがお酒類です。しかし、お酒を飲まない人にとっては、飲まずにタンスの肥やしか、好きな人に上げるという対応になってしまうことから、最近では、東京にお酒買取業者が出てきています。

まずは見積り

ワインボトル

東京には複数のお酒買取店がありますが、近辺に持ち込んで見積りをもらうことができます。しかし、お酒は比較的重量が重いものであったり、割れ物である場合もあります。そのため、まずは自宅にいる状態で、ネット上で見積ってもらうという方法をとるのも一つの方法です。この方法であれば、家にいながら複数の買取店の見積りを手に入れることができるので、最も高く買い取ってくれるところを簡単に見つけることができるわけです。

即現金化できます

お酒

お酒買取店の見積り額に納得できた場合には、そのまま買い取りへと進んでいくことができます。東京近辺で持ち込むほうが良ければ持ち込み、店舗によっては自宅に取りに来てもらうという方法もあります。また、遠方の買取店の場合には、運送業者が受け取りに来て、梱包まで請け負ってくれるような店舗もあります。割れ物の扱いになれていなくても、安全に送ることができるこの方法は、発送という取引のハードルを下げてくれるという意味でも人気があります。このときの買取金は、指定口座に振り込まれるため、家から出ずに取引完了することができます。